かつをメモ

自分の関心・日常を書いていきます。

社内SEについての自分の意見

こんばんは、かつをです。

最近自分のキャリアについて考えます。
現在は私はメーカーで社内SEをやっております。
業務システムの設計・開発を行なっています。

今日は自分なりの社内SEという職種について述べたいと思います。

労働市場的に社内SEってとても人気のある職業だと思います。
多分、SEを本業とする会社に比べて比較的楽だからだと考えています。
それは時間的にも、プレッシャー的にもです。

これは会社によりけりかもしれませんが、基本的に社内SEは直接的な利益を生み出していない、コストセンターとなっています。
そのためか、いる人も上の人も物腰の柔らかい人が多く、プレッシャーも正直そこまでありません。
ユーザーも社内部門の人が相手ですし、外部の人と競争して。。。などということはありません。
近い関係の人をユーザーとして、一緒に仕事ができるのは社内SEならではと思います。
これは大きなメリットでもあり、デメリットでもあると思います。

自分は最近、成長という点、グローバルな視点でSEとしての実力という点で見たときに、このままでいいのかと思うことはあります。
ITで会社を支えたいという気持ちはあります。
大手メーカーということもあり、自分がそれなりの裁量を持てるようになるには何十年も必要でしょう。
しかし、こんな世の中です。その頃には社長が変わり、内部でぬくぬく育った人を上に立てるのではなく、外部から引き抜いてきて上に立たせるかもしれません。
もちろん社内で努力してる人がいないとは言っていません、うちにも結構います。ですが、経験値的に外部で鍛え抜かれた人には勝てないでしょう。。。
そうなったとき、あまりスキルを身につけられていない自分は切られているかもしれません。

社内システム部門に配属されている方、申し訳ございません。あくまでも私見です。
キャリアの最終地点として、社内SEを選択するのはいいと思います。実力を身につけた上でゴールとして社内SEはいいんじゃないかなと思います。
しかし、新卒で社内SEはオススメできません、ゆったりと働きたい人には非常にオススメです。

以上です。
明日は、社内SEの現状の自分について話したいと思います。