読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かつをメモ

自分の関心・日常を書いていきます。

副業探しを続けていて感じた事

こんばんは、かつをです。

副業探しを続けていて感じたことがあります。
それは日本でも、起業、スタートアップ企業が流行りつつあることを感じたことです。
正直、そういった分野には日本は遅れていると感じていました。
もちろん遅れているとは思いますが、今そういう活発的な動きが見られてきたように思います。

乗りに乗ってる企業も多いというのもわかりました。
そして、どこも人が足りていないと感じました。
優秀なことをやっていて、技術力もある会社なのに、人が足りていないのです。
これは日本人の大企業病みたいな考え方の問題なのかなと思います。
自分もそういうところあるんですけどね。。。

人材の流動性の低さ、リスクの取りづらさが問題だと思っています。
この閉塞的な感じが非常に問題だと思います。
それでも昔と比べるとだいぶマシになっていると思いますけどね!
昔は年功序列がうまく機能していた時代だと思います。
協調性をもって動いてうまく行く時代でした。

今はもう個の時代だと自分は感じています。
ITの発展、それによるグローバル化などからそういった時代がきているのだと感じています。
人と人の繋がりはもちろん今でも大事なんですけど、その人と人の間の補完を大方ITでできるようになっているのではないかと思っています。
会社が最適化されていて、強い個人が集まって相乗的に効果が発揮されるのではないかなと。
アメリカの企業が強いのは、人材の流動性で穴を埋めるかのように強い個人が入ってきて、シナジー効果が出てるのではないかと思います。

。。。適当なこといってすいません。少ない知識で語りました。
以上です。