かつをメモ

自分が書いたプログラムなど色々投稿していきます。

Google Home Mini -> IFTTT -> Slackに投稿する

こんばんは、かつをです。
Google Home Miniに話しかけて、IFTTTを経由してSlackに投稿してみたいと思います。

参考サイト

qiita.com

前準備

Slackに自分用のワークスペースを準備 (Slackbotを動かしてみる - かつをメモ)を参照

機材

Google Home Mini

手順

1. My Applets -> New Appletを選択

以下の画面に飛びます。

f:id:katsuwoo:20180924170619p:plain

2. +this -> Google Assistantを選択

f:id:katsuwoo:20180924170633p:plain

3. Say a phrase with a text ingredientを選択

選択肢はいくつかあります。■GoogleHome mini から IFTTT 経由で Slack に投稿してみた件 - Qiitaに詳細な解説が書かれているのでこちらを見ていただければと思います。

f:id:katsuwoo:20180924170648p:plain

4. トリガーの設定

以下のように設定します。ただし、変数の$は前後にスペースが必要なので注意してください(次に進もうとすると弾かれます)。

f:id:katsuwoo:20180924170705p:plain

5. +that -> Slackを選択

f:id:katsuwoo:20180924170732p:plain

6. Connect -> 自分のワークスペースで許可 -> Post to channelを選択

f:id:katsuwoo:20180924170830p:plain

7. Slackへの投稿内容を決める。

チャンネルやダイレクトメッセージで投稿先を決められます。投稿内容は自由に決められます。{{TextField}}は[4. トリガーの設定]で設定した変数$の内容を反映します。

f:id:katsuwoo:20180924170756p:plain

7. Create -> Finishで完了

Receive notifications when this Applet runsというチェック欄がありますが、こちらはオフにします。オンにするとIFTTTから通知が来るようになります。

f:id:katsuwoo:20180924170847p:plain

動作確認

無事投稿してくれました。

f:id:katsuwoo:20180924171057p:plain